かみ合わせ治療

かみ合わせの不正による諸症状

顔のバランスが左右で不均衡、顎の骨がガクガクいう、入れ歯が合わない、頭痛や肩こりがひどい、かむ瞬間に歯が動く、口内炎が頻繁にできる、むし歯や歯周病になりやすい、身体が左右どちらかに傾いている、ほほの筋肉に張りがある、などの症状があげられます。

良いかみ合わせとは

左右にある6番目の奥歯と前歯の中心を結んだ線が「水平で、きれいな三角形」を描いている状態です。不具合が起きている部分だけに着目せず、歯の環境を総合的に整えていくことで、疾患や歯の捻転が起きないような、理想のかみ合わせをめざしていきましょう。

かみ合わせが悪いことで「将来」起こる症状一例

  • 1正常な歯へ「異常な力」が加わることに起因した、歯並びの悪化や歯自体の損壊
  • 2むし歯や歯周病などの悪化
  • 3肩こり、頭痛、耳鳴りなどの慢性化
  • 4舌や頬の内側を自分でかんでしまうクセ

かみ合わせ治療について

上下の歯ではさむ「スプリント」という器具を使った治療がメインとなります。歯の位置が整ってきたら、矯正治療やかぶせ物などを併用し、安定化のための治療へ入ります。治療期間については、出っ歯・乱ぐい歯・受け口などの状態にもよりますが、当院では約2週間~1ヶ月くらいで改善が見られるようになります。

矯正治療

当院で行う歯科矯正

透明なマウスピース状の器具「クリアアライナー」を利用した施術を推奨しています。見た目がほとんど目立たないことに加え、従来の矯正器具より痛みが少なく、装着期間も3カ月から4カ月と比較的短時間で済ませられます。

「クリアアライナー」の利点として、「臼歯部を動かさないため、かみ合わせが術前とあまり変わらないこと」が挙げられます。逆に欠点としては、「移動した箇所に隙間が生じること」です。しかし、補修剤で隙間を埋めることにより、後戻りが起こらない保定装置の役割を兼ねることができます。その際には、歯の表面だけを削り、セラミックまたはジルコニアなどの審美的にも良好な修復物を張り付けて終了となります。

「クリアアライナー」の脱着は自由であるものの、食事のとき以外はできるだけ外さないようお願いしています。より短期間で効果を出すためにも、いまが頑張りどころです。
とくに、睡眠時の装着を忘れないようにしてください。

適正なかみ合わせを重視した診療スタイルへ

丁寧なカウンセリングを行いますので、お時間に余裕を持ってお越しいただけると幸いです。

  • 歯科 診療時間 9:30~12:00/14:30~19:00 03-3394-7787bottom_tel01_sp.png
  • 眼科 診療時間 9:30~12:00/14:00~16:00 03-3394-8872bottom_tel02_sp.png