一般歯科(むし歯・歯周病・小児歯科)

このようなお悩みありませんか?

歯がズキズキと痛む
治療を途中でやめてしまった歯がある
歯を磨くと出血していることがある
歯を触るとグラグラしている
永久歯が無事に生えそろうか心配だ
子どもに指のしゃぶりグセがあり、出っ歯になりかけている

お口と歯に関する病気の代表例

むし歯

歯の溝やすき間にむし歯菌が繁殖し、歯の表面や内部を侵食していく疾患です。

歯周病

歯ぐきや歯を支える骨が退化していく疾患で、重度の場合は歯が抜けることもあります。

40歳以上の患者様の場合、虫歯よりも歯周病が原因で歯を失う患者様が多いです。

歯ぐきのはれ・痛み

歯の内部には神経の通っている管があり、ここに汚れがたまることで、炎症を引き起こす場合があります。

口内炎

頬の内側にある粘膜や舌などに発症するできもので、違和感や痛みを伴います。

知覚過敏

冷たい飲み物や食べ物に反応し、しみるような痛みを伴う症状です。むし歯や歯周病の可能性も考えられます。

むし歯の段階別症状

初期

歯の表面にあるエナメル質が黒く変色する程度で、痛みなどの自覚症状は伴いません。この段階なら、歯を削らず、レーザーで焼却することも可能です。

中期

歯に空いた穴が見た目にもわかり、ズキズキした痛みが生じる段階です。患部を削り取り、詰め物やかぶせ物をすることで、むし歯の進行を食い止めていきます。

末期

歯の神経が侵され、痛みすら感じなくなった状態です。そのまま放置していると、歯の根元がもろくなり、抜歯や歯肉の切開といった、大がかりな施術が必要となってきます。

「痛くない施術」への取り組み

歯の治療を遠ざける理由の一つが、「施術時の痛さ」ではないでしょうか。当院は、麻酔の方法を工夫したり、極細の注射針を用いたりすることで、患者様の苦痛を取り除いています。それでも怖い方は、注射をするところにレーザーを当てることで、感覚をより鈍くしていきます。

歯周病治療の考え方

当院の場合、歯根に付着した歯石の除去などを機械的に行うのではなく、専用の軟膏塗布やレーザー照射のような「軽い治療」から段階的に始めていきます。出血を引き起こし、口腔内を傷つけないためです。

歯周病により口腔内で炎症が続くと、歯肉から出血し、サイトカイン(インターロイキン)という生活習慣病を引き起こす物質を分泌します。サイトカイン(インターロイキン)が血液中に侵入し血管を介して脳へ行くと糖尿病や高血圧などから守ってくれる因子と結合し、その機能を阻害してしまいます。そうなると心臓血管系・呼吸器系・糖尿病・妊娠時の合併症・骨粗しょう症・コレステロール上昇・高脂血症・肥満・動脈硬化などの生活習慣病になりやすくなります。

歯周病治療は各疾患を患っている方であれば進行を止める手助けに、何の疾患にも当てはまらない健康な方には予防という観点でお役に立てると考えています。

お子さんの歯を守るための取り組み

当院では、お子さんの歯の治療と同時に、フッ素やキシリトール配合のデンタル商品をご紹介しています。とくにフッ素塗布とレーザーの併用は効果的です。エナメル質の再生を促進し、むし歯になりにくい強い歯を育てます。乳歯の萌出時の6ヶ月から、2歳位までです。早いと思われるかもしれませんが、この時期のエナメル質は、素である反面、密になろうとしている訳ですから、一層の効果あるという考えからです。また、勿論お母様方の仕上げ磨きも重要です。4歳位からは、こちらでお渡ししますので、フッ素入り歯磨きで磨くのと共に、朝、晩の洗口をお願いしています。永久歯にはえかわっても、習慣としてくだされば、9割以上は、エナメル質が強固となり、虫歯になる確率は、ほぼありません。溝にシーラントというプラスチック性の素材を、塗布し、予防をはかる方法もあります。万が一虫歯になった、歯が欠けてしまった場合は、フッ素又は、サホライドと言う虫歯進行止めの薬品を塗ったのちレーザーでブロックし、罹患部をプラスチックで、修復します。削りませんので、全く痛くありません。

当院に子どものころから来ていただければ虫歯になることなく生活ができます。

適正なかみ合わせを重視した診療スタイルへ

丁寧なカウンセリングを行いますので、お時間に余裕を持ってお越しいただけると幸いです。

  • 歯科 診療時間 9:30~12:00/14:30~19:00 03-3394-7787bottom_tel01_sp.png
  • 眼科 診療時間 9:30~12:00/14:00~16:00 03-3394-8872bottom_tel02_sp.png